淺岡敬史

以前撮影した写真を公開することにいたしました。
写真は外務省入省のころ。小和田雅子さんの笑顔がとても素敵ですね。
万邦無比、世界に類のない天皇家ゆえのご心痛はご理解いたしますが、ここは頑張って戴きたいものです。
天壌無窮の皇運を確信して戴き、この笑顔を是非、是非、ふたたび僕らに見せてください。

 

淺岡敬史

ご自宅の中庭でくつろぐ雅子さま。
ロシアのイコンに興味があられたようで、豪華本が何冊もありました。

 

 

淺岡敬史
淺岡敬史

レンズを向けると柔らかい笑みを刻まれた雅子さん。ふっくらとしたお顔が印象的でした。

非凡な純粋主義者のような彼女の視線に、神州不滅の確信をいたしました。


4時間ほどの間に144回シャッターを押しましたが、遠いどこかを見つめているような表情をよくしていました。

 

 

 

淺岡敬史

「高校時代にソフトボール部をつくったの」と嬉しそうに語っていた雅子さん。スポーツ好きの聡明な女性というのが第一印象。健康的にすくすく育った人間がみせる、爽やかで穏やかな物腰には感動さえ覚えました。

ボール遊びのあと、フゥーと虹のような息をはいた雅子さんだった。

 

 

 

 

淺岡敬史

「急にお料理中の写真と言われても‥‥‥」と冷蔵庫を開けソーセージを3本。オリーブオイルで手際よくソテーする雅子さんのお得意料理は肉ジャガでした。

 

 

 

 

淺岡敬史


我が家では雅子さんの笑顔が満ちております。不思議とほっとするお顔なんですね。
豊葦原瑞穂の国の安泰は、あなた方ご夫妻の裡に在るのです。

asaoka@jpmuseum.com

あ