淺岡敬史

 

白梅から桃の花へ。

「あら、おひなさまですね。」

一重咲きの桃の小枝をいただいた途中に、いつもの薬局へ某剤調達で立ち寄ったら、空世辞が上手い薬剤師が妙に快活いっぱいに明るい。

「ええ、三人官女マニアなんで・・・・・」
と、とぼけたら、真にうけられて困った。
で、そのバツを隠すべく、レッド オン レッドのノリで桃酒と相成った。

 

貝合せ。

ひな祭り道具のひとつに蛤。

僕はある代物弁済の流れで蛤の貝合風っぽいのがあるが、その意味にはとんでもないことが含まれているそうな。

ま、諸氏殿、検索あれ。

 

高望み礼讃。

中古本の漫画を買った。星空を見つめるワン公のお話。

つまり目の前のエサではなく、手に入らない世界を欲しがっているのだ。

高望みのワン公。

でも、その漫画家は、 人間さまにも持続的高望みを推薦しているから厄介だ。

「生きるって無駄だらけなんだ。」と、かなり暴力的言葉で締めていたが、正しいかも。

 

令和三年二月二十三日

淺岡敬史

 

 

 

 

今はただ、一心に皮をむいた。

「茶室前の夏みかんは、いまごろが食べごろなんです。」

自称「囲碁の達人」。花屋の丹那さんから、20コほどいただいた夏みかん。

ネットで調べると4月から5月ころが食べごろと書いているが、ここのは確かに今が「旬」。じっさい、10年以上前からいただいているのだが、節分あたりが食べごろなのである。

結局、50コ以上は喰ったが、木にはまだまだ・・・・・なのである。 早朝爺婆にお分けしようとしたが、口、鼻、目などすべてをゆがめてスッパイって感じでご辞退と相成った。

 

令和三年二月十八日

淺岡敬史

 

淺岡敬史

 

英国の琳派

「製品には完全なアルコール消毒しております。」の但し書きが当世風で、なかなかの緊張感があった。その昔、現地で撮影の折には、保険会社の自賠責・物損事故保険カードを先方にアピールしていたのが懐かしい。

 

某名窯のカップ群だが、何故か金ピカでも落ち着きがあったな。微妙な浮き彫り具合が絶妙な陰翳をつくった。学芸員の説明では、やはり光悦、琳派に憧れていたデザイナーだったらしい。元禄真っ只中、蒔絵などにボテッとした金盛りが多いので、日本画というより油絵のノリだから、欧州人には入りやすいのかもしれない。

こんなカップで客人に普段顔でサービスしたら、威圧感あるだろうな。汗笑)

 

令和三年二月十日

淺岡敬史

 

淺岡敬史

 

鬼が嫌う鰯と福が悦ぶ朱杯に白梅を浮かべて・・・・・

生臭さを嫌って鬼が寄りつかないらしい。で、白梅が浮かんだ朱杯には福が寄ってくると真顔での祖母だった。(なんとなく覚えているのだ。) でも鰯は今では背中が青い魚の代表で、刺身でもいける。栄養価はかなり高い。

ま、鰯の竜田揚げと朱杯があれば、鬼や福でもないだろう。

なるほど、梅一輪一輪ほどの暖かさ、か。

淺岡敬史

 

鬼は内。

撮影用のアラザンなどが余ったので、アイス、生クリームに振りかけた。
福豆とミスマッチだが、ま、いっか。この二つのカップはオペラ「魔笛」をモチーフとしているが、その三昔前あたりに「魔笛」、ウイーンのカフェなどに話題をふりつつ強引に売り込みを計った強烈営業用ツールでもあったのだ。
浮き彫りに造形されたソーサー、またカップが極薄のも魅力だ。

 

鬼婆、鬼嫁とは聞くが、鬼爺、鬼婿とはいわないな。

何故だろう。

曽我蕭白の鬼を描いたふすま絵を見たことがあるが、怖いというより愛嬌を感じたな。鬼婆、鬼嫁も視点を変えれば愛嬌を感じることもあり得そうだ。 ようは人の思い込みは怖いという事なんだろうな。もしかしたらSNSあたりが鬼そのものかも知れない。

仏典にも鬼を使った語彙がよく出てくるが、怖いのは、やはり生身の人間だろうよ。

鬼は人を食べたりしないが、人は人を喰うよな。

 

僕が生まれた年に公開された映画「羅生門」はアカデミー賞をはじめ世界の名だたる賞を獲得してる。何度も観てるが、「疑心暗鬼」とは何ぞや、と教わった。

鬼は身近にいたほうが、いろいろ勉強になりそうだ。

「鬼はぁ内っ」なのである。

 

令和三年二月二日

淺岡敬史

 

淺岡敬史

 

一器三様。

「マイセンだろうが柿右衛門だろうが、使いこなすことが造り手への敬愛よ。」

柔らかい笑みを刻みながら、けっこう語気が強い お茶人、斎藤宗厚先生 の言葉は今も忘れない。
心持ちの変化をいつも促してくれるお人だった。 なかでも極めつけの発想が「一器三様」だ。食器棚をあけると無限に様変わりしそうな器たちが、こちらを一瞥してるではないか。

お汁粉、フルーツゼリーなど、いろいろ遊ばせていただいてるのだ。

なるほど、「器量」ということか。「名器の雑器化」と何度も語り原稿に書いていたが、使いきることが造り手だけではなく、自分への思いなのかもしれないな。
撫でるように確かめる食卓・・・・・いいなぁ。

 

令和三年一月二十七日

淺岡敬史

 

淺岡敬史

 

淺岡敬史

 

 

道端のペコちゃん。

銀座の一等地にあったペコちゃん本店が、ワケあって我が家近くに。
そう、あのTBSの捏造報道によって、経営が悪化したのだ。社員たちの無念さがよく理解できる。

洋菓子といえばショートケーキだ。小学生のころの舌の音色が不二家から始まったのを初めて知った。
買いに走った。

 

昔の仲間と「間合い宴会」がつづいている。ペコちゃんの福袋を何組か買っていたので、土産物に渡したら、子供たちに大ウケだったらしい。銀座の一等地ではないが、道端のペコちゃんは不滅なのである。

 

令和三年一月二十日

淺岡敬史

 

 

淺岡敬史

 

玉さまぁ ——

「狭い楽屋ですが、お待ちいただけますかぁ。すぐ着替えます。」

風呂上がりに浴衣姿の玉さまと廊下ですれ違ったのは、もうかなり前のことだ。ぷーんと石鹸のよい香りが、彼の後をおうように通り過ぎたのを思い出した。

僕の興味は反ソの姿勢を生涯崩さず「灰とダイヤモンド」や「地下水道」 で知られるポーランドを代表する映画監督、アンシエイ・ワイダ氏だった。監督はドストエフスキーの『白痴』に材をとった『ナスターシャ』を、坂東玉二郎を主役にすべく日本上演交渉のため来日。

「ナスターシヤの神秘性を演じきれる女優が欧米にはいなかった」 とワイダ氏。

 

「えっ、あれは男か。」と叫んだ。

彼は京都で玉三郎の「椿姫」の舞台(1979年)を見て確信したのである。

「玉さま」は、僕と同じ昭和25年生まれ。彼の笑顔、若かったなぁ。そして僕も若かったのだ。汗笑)

 

で、なぜ「玉さま」かとなるわけだが、大河ドラマでの「正親町天皇」役として出演しているからだ。なんでもテレビドラマは初という。主人公の光秀とのやりとりに興味があった。

優美で、マジカルでミステリアスな坂東玉三郎 ———か 。視聴者から「神キャスティング」との声も上がっているようだ。なるほど。

戦が日常だった時代、どんな大名も常に自己矛盾、自己否定の連鎖にあって、そんな世の中での正親町天皇のお気持ちや如何に、である。

 

それにしても光秀の「天がしもしる」 なのだ。

「天がしもしる」の根本のコトバは『古事記』にある歴代天皇の「天の下治らしめしき」だ。明らかに天皇親政への回帰を唱ったのが光秀の発句なのである。

「本能寺の変」は義挙だった、との先輩の意見を熱烈に支持したい。

 

令和三年一月八日

淺岡敬史

 

<秀明さん>
 

 

林住期

寺友の秀明さんは、ごくごく普通のお勤めの方だが、仏教はハンパじゃない。
学生時代の登山部で度胸を我がものに。真冬のオホーツクの流氷から滑落して海に ———— という経験などなどもあり、現在は母校登山部の監督でもある。とても残念ながら裸体はお披露目いただいていないが、おそらく金剛力士像ばりの筋骨隆々かも知れないな。

彼は公私が統一された肉体派の仏教徒だ。

 

お経も漢語、梵語ではなく、パーリ語なのである。「南伝上座部仏教」云々の経典で使用される言語だが、ま、そのあたりは難解なのでスルーしよう。

正月元旦六時から鐘つきを撮った。昨年だったら除夜の鐘の流れで境内はこの時間でも賑やかだが、さすがに今年は誰一人いなかった。

 

 

彼から年賀状を手渡しでいただいたが、林住期 との覚悟も書かれていた。聞くと、400坪の竹林をすでに確保しており、自力で御行屋を建てるという。

設計・図面はもちろん「方丈庵」そのものなのだ。

 

淺岡敬史

 

 

仏印、どちらの牛が幸せか。

——— 夏といってもさすがにアルプスの麓とあって、ちりりとした風が冷たく、カラン、カランとカウベルの澄んだ音とゆったりと牧草を食む牛たち。———とかつて書いたことがあった。隣の編集者は「こんな環境で育って幸せそう。」と目を細めていた。

 

でも天寿を全うできない動物は彼ら家畜たちだ。かたや道端でウロウロする薄汚れた印度の牛たち。

さてさて、僕が牛だったら、どちらを選ぶだろうか。

 

令和三年正月元旦

淺岡敬史

  令和二年八月〜十二月 「最近の事 」

令和二年一月〜七月 「最近の事 」

令和元年 「最近の事 」

平成13年〜非Rps 「最近の事 」

↑ PAGE TOP